女性のひげは遺伝じゃない?

女性のひげは遺伝じゃない?

女性のひげは遺伝ではありません。毛深いとか毛深くないとかいうのは遺伝かもしれませんが、ひげはホルモンと関係がありますので違ってきます。

 

ひげか産毛がわからないというぐらい産毛が濃くなっている女性もいるかもしれませんが、それは毎週のようにシェービングしているからではありませんか?

 

シェービングを続けると、お肌のバリア機能がどんどん壊れて、ちょっとした外気にある菌や花粉などに反応してしまうようになります。
もちろん化粧品に含まれるパラベン(防腐剤)などにも反応してしまうようになって、敏感肌になってしまいます。

 

一度敏感肌になると、とてもやっかいで、いろんなことに気を遣うはめになりますので、なるべく気をつけるようにしてくださいね。

 

だからといって、何も処理をしないのは、誰かと会うときに失礼でもありますし、特に自分が人目を気にしているのでおどおどとしてしまいますよね。
今はいろんな製品が出てきます。だから、毛深いからという遺伝として嘆くのではなく、多くのオプションから選択してくださいね。

 

自宅でできる永久脱毛器もありますし、毛の発育を遅らせながらスキンケアしてくれるノイスという大人気のクリームもあります。
また、医療機関でできるレーザー治療もありますので、それぞれ自分のライフスタイルにあった、産毛、ひげの濃さに合った方法を探してくださいね。

 

 

ところで、ひげの話に戻したいと思います。実は、ひげで悩んでいる女性は意外に多いそうなのです。
みなさん自分だけだと思って、あまり友人にも相談しないそうですよ。

 

でも、ネットで「ひげ・女性」と検索したらよりどりみどりで対策方法が出てくるのです。
驚きです。それほど女性のひげは普通になってきています。

 

原因はいろいろあるでしょうが、まずはストレス社会によるホルモンバランスの崩れです。

 

女性も男性並みに総合職でばりばりと働き、通勤ストレス、さらには結婚したら子育て、仕事との両立など男性以上に大変です。
私はなぜ女性なんだろう?男性の3倍ぐらい仕事が出来てようやく同じポジションにつけるのはやはり男性社会なのでは?と思っているのは私だけではないと思います。

 

男性は一度に1つのことしか出来ないのに、ちょっとできるとすぐに昇格すると嘆く女性の多いこと!

 

だから、ストレス一杯なんです。それでホルモンバランスを崩す。というよりも、女性ホルモンが少なくなるということです。

 

女性ホルモンが少なくなると、女性にとってはとてもつらい症状がたくさん出てきます。つまり、若いのに更年期障害になるのです。その1つにひげが生えるという現象があります。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?