口周りの産毛は毛抜きで抜きます。

口周りの産毛は毛抜きで抜きます。

顔に生える細かい毛は、会話をする時などに気付かれると嫌ですので、気が付かれる前に処理しようと心がけています。

 

特に口周りの顔の産毛は、毛抜きでしっかりと抜くようにしています。カミソリなどで剃ることもありますが、ヒリヒリしてしまうこともありますので、時間がある時は毛抜きをしようしています。そのほうがすぐに生えなくて、処理までの時間が長引いて楽ですし、根元から産毛を抜くことが出来ますので、すっきりとするのです。

 

しかし、産毛は毛抜きではつかみづらく、抜く時に痛みを感じることもあります。長く時間をかけて行っていると、段々と皮膚が赤くなってきますので、あまり長い時間処理は行わないようにしています。毎日メイクをする前に、少し処理の時間をとるなどと、工夫をしています。

 

口周りの毛は、なかなか目立つ場所でもありますし、女性らしさを失ってしまう場所でもありますから、気を付けてみるように心がけています。これからも処理を続けていきたいと思います。

 

ケノンでなくならなかった産毛にも効果あり

顔の産毛が目立つことが気になっていて抜いたり剃ったりしているうちに肌荒れまで起こしてしまい、このままではいけないとまずはインターネットなどで話題になっていたケノンを使ってみることにしました。

 

確かにヒゲ並みに濃く、太くなってしまっていた毛については多少は薄くなった感じはしましたが、細い毛に対してはあまり効果が感じられませんでした。

 

そこで、今度は雑誌で見かけたノイスを使ってみると荒れ気味だった肌も潤って、もちもちしてくるような感じがして、肝心の産毛についても使い始めて1ヶ月ほどで少しずつ量が減ってきて、2ヶ月くらいで自己処理がまったくいらないほどつるつるの肌になることができました。

 

これまでは外出時に顔を出すのも恥ずかしくてマスクをしたりして余計に肌荒れがひどくなってしまっていたのですが、今では産毛も肌荒れもなくなってマスクやファンデーションなしでも堂々と肌をさらすことができるようになりました。

 

⇒ノイスについてもっと知りたい方はこちらから!