子供の頃から濃い産毛を剃って皮膚を切る

子供の頃から濃い産毛を剃って皮膚を切る

日本人は体毛が黒なので、余計に顔の産毛などが目立つのだと思います。しかも、私は子供の頃から体毛が濃かったため、口の周りのひげなど、顔の産毛を剃っては失敗し、皮膚を切ることが多く、血が出たり、痛い思いをしたりすることがしょっちゅうでした。

 

最近は、電動のシェーバーを使えば切ることはありませんが、その分すっきりと産毛が無くなりません。また、刃の部分にガードの掛かったカミソリを使えば、ある程度はすっきりするものの、剃り残しの危険性は常にあります。

 

そんなとき、ひょんなことから、ほんの少しの量を一日2回つけるだけで、顔剃りの手間が省けるクリームがあることを知りました。

 

しかも、使い続けることで、肌の質も格段と良くなる天然由来の成分がたっぷりと入っていると聞き、試してみたのです。

 

自分の肌に合うか合わないかは、使ってみなければ分からないと思ったのですが、今のところ使う前よりはずっと毛の生え方が違うと感じています。

 

メイクをすると顔の産毛が気になる

基本的にあまり肌が強くないので、顔の毛の処理はひげなど目立つところをちょっと剃るぐらいにとどめています。

 

日常はそれほどしっかりメイクをするわけではないのでそれで気になることはなかったのですが、ちょっと改まった時にそれなりのメイクをしようとしたところ、大失敗してしまいました。顔の産毛が邪魔をして、綺麗にファンデーションがのってくれなかったのです。

 

普段はそれほど見えないのに、毛の流れがへんに目立ってしまいました。

 

そのため、その後はメイクをするときに剃ろうとしたのですが、普通にカミソリで剃ってしまうと肌が弱いため、肌荒れを起こしてしまいます。赤く腫れあがってしまい辛い状態です。そのため、できるだけメイクは色を付けないような軽いものだけにとどめるように心がけています。

 

仕方なくそのまま伸ばしてしまっているのですが、どうしても気になるものです。良い処理の方法があれば取り組んでみたいのですが、肌の状態からしてなかなか難しいと感じています。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?