ひげの濃い女性には

ひげの濃い女性には

顔の産毛やひげはあごに限らず、口周りや頬など、とても慎重にムダ毛処理を行いたい部位ですよね。
腕や脚と違って、隠すことはできませんし、お肌もデリケートですから、何があるかわかりません。

 

しかも、敏感肌の女性ならなおさらですし、ずっと剃り続けて色素沈着になる可能性もあります。

 

だから、ひげの濃い女性には、ならないことがまずは一番です。でも、すでにひげの濃い女性になってしまった人は、どうしましょうか。

 

あなたは普段顔の産毛が濃くなったひげ(あご・口周り)の処理はどうしていますか?
ほとんどの方は剃っているということだと思いますが、あなたもそうでしょうか?
それ以外に同時に行っている処理とは?

 

できれば顔の肌はデリケートなので、剃ったり抜いたりしないほうがいいのですが、それでもどうしてもメイクしても会う人に失礼なほど目立つ場合には剃るしかありません。
会う直前に永久脱毛に行くことは出来ないからです。

 

永久脱毛といっても、すぐにできるわけではなく、毛の周期にあわせて何度も通うので、その間はひげを剃らなければなりません。顔剃りのメリットは肌色が明るく見えることなんです。

 

でも、デメリットは敏感肌の人はお肌のバリア機能がさらにはがれてアトピー性皮膚炎のようになる可能性があります。普通肌の人も同様に、敏感肌になる可能性があります。

 

次に毛抜きで抜く行為です。もちろんあごに生えた数本のひげのような濃い産毛は抜いてしまったほうが早いかもしれませんね。

 

でも、抜く前にはちゃんと手も顔も清潔な状態であることです。入浴後が一番清潔なので良いですね。そして、抜いた後にはちゃんと毛穴を引き締める化粧品を使うこと。

 

もしくは抑毛効果のあるクリームやローションを使って、肌に直接ホルモンを塗ってあげることです。今はノイスという有名な抑毛効果もあって、スキンケアもしてくれるクリームが販売されていますよね。

 

ノイスなら、抑毛効果で、次に生えてくる産毛を細く、弱く、遅く生えてくるようにしてくれると思います。

 

つまり、顔の濃い産毛やひげ(あご・口周り)を剃る時には、専用のフェイス用電動シェーバーを使いましょう。腕や脚にでも使えるものは、顔の敏感なお肌には合わないと思いますので、顔専用が一番安心ですね。

 

最後に、一番コストはかかるけれど、永久に生えてこなくなる顔の濃い産毛やひげの処理方法はプロにお任せです。医療レーザー脱毛やエステ脱毛です。費用は少々かかりますが、昔のような一般庶民にも手の届かないような金額ではなくなりました。

 

できれば有名で実績の多くあるクリニックかエステサロンを選んでいくことをおすすめします。そして、会社帰りにでも立ち寄れる場所にあることが、長く通って最後まで脱毛ができるようになる秘訣だと思います。

 

⇒女性の産毛クリームのノイスについてもっと知りたい方はこちらから!